胡蝶蘭を港区に最短で即日配送

移転や就任のお祝い花として胡蝶蘭を港区の会社に贈ったり、開店お祝いや個人への贈答に喜ばれている胡蝶蘭ですが、花屋によっては値段が高い場合があります。
そのようなときに港区で最安値の1万円台から注文できる胡蝶蘭を扱う花屋がおすすめです。
市場直送なので値段が安く、新鮮な状態の良質な胡蝶蘭を贈ることができます。

 

港区でおすすめの花屋は2社。

 

1社は大使館や一流企業を多くのクライアントに持つ港区の花屋です。※請求書払にも対応
写真のような高品質で見栄えの良い胡蝶蘭が1万円台です。

 

 

もう1社は、通販で最も多いラインナップを誇る花屋です。※3回目の利用から請求書払に対応
色の好みと値段に合わせた胡蝶蘭ギフトが当日配達可能です。



 

港区へ胡蝶蘭の配送を手配するときは、上記のような実績のある花店の利用が安心です。

 

請求書払に対応した花屋

法人として利用する場合に悩むのが支払い方法です。
特にネット申込みだとカード払いや振込前払いしか対応していない花屋が多いです。

 

ここで紹介している2社は法人の場合は請求書後払いが可能です。
ページも印刷しやすいので稟議も通りやすく、急いでいるときもスムーズに手配できます。

 

港区の相場について

オフィス街として有名な港区は、物価も高めです。
予算内で花を選ぶことになりますが、高い花屋を利用すると見栄えが良い花を送ることができません。
胡蝶蘭を贈る先方との取引内容や今後の関係で値段を決める場合が多いですが、3万円以上の蘭が相場になります。

 

でも、ここに掲載した2社は、少ない予算で見た目の良い胡蝶蘭を届けることが出来ます。
同じレベルの蘭が5000円〜1万円程度お得に手配できます。

 

お祝い花を届けるタイミングについて

お祝い用の胡蝶蘭を配送時期については、前日か当日に届けてもらうことが理想的です。
数日前に予約することで配送日時の指定ができますが、急いで配送してもらいたいときは港区へ即日配送が可能な業者なので利用すると良いでしょう。

 

お祝い胡蝶蘭につける名札について

胡蝶蘭には【立て札】というメッセージ札が贈答の熨斗として祝い花に添付するのが一般的になります。
書き方は、用途に合わせた書き方で異なりますが、不明なときは花屋に任せるのがお勧めです。

 

 

港区で注文すると最低1万5千円以上になる胡蝶蘭が、この2社を利用すれば港区で最安値の1万円台前半で購入することができます。
東京都港区全域は最短で即日配達、宅配便や提携店経由で最短翌日着も可能です。
届け日まで時間がない、間に合わないような場合でも、港区に最も配達が速い花屋です。

 

法人個人問わず、お祝い花で人気なのは、高級花として人気があり、縁起の良い花として扱われている胡蝶蘭のギフトです。
金額によって胡蝶蘭の仕立て(本数や花の数)は変わってきますが、他の花屋と比較してもこの2社は見栄えの良い胡蝶蘭を手配することが可能です。